校長あいさつ

御 挨 拶      

 本校は、昭和54年に、当時の妻沼町をはじめとする地域の皆様の熱い期待を担い、国宝に指定された「歓喜院聖天堂」で知られるこの地に開校されました。

 また、妻沼町は日本の女医第1号として知られる荻野吟子の生誕したところであり、坂東太郎・利根川の自然にも恵まれ、景観の優れた最高の立地条件を備えています。

 今年で42年目を迎える妻沼高校は、開校以来、「勤勉・努力」を校訓として、様々な課題を克服しながら、地域に根ざした学校づくりに取り組んでまいりました。特に、平成20年度に導入した埼玉県初となる基礎力強化のための学校設定教科「カルティベートタイム」は、今や妻沼高校の代名詞ともなり、つまずき解消と基礎学力の定着に大きな成果をあげています。

 妻沼高校の目指す学校像は、「母校を誇れる生徒を育てる学校」です。

 カルティベートタイムを更に深化させ、生徒1人1人を大切にしたきめ細かな指導に取り組み、母校を誇れる生徒を全力で育成してまいります。そして、地域になくてはならない学校、地域の皆様方から愛される学校づくりに努めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

第16代校長 赤沼 勝美     

令和2年度 入学式

 式   辞

 新しい命が芽吹く、春爛漫のこの佳き日に、令和二年度埼玉県立妻沼高等学校入学式が挙行できますことは、この上ない喜びでございます。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、保護者の皆様をはじめ、御来賓の皆様をお招きしない形での入学式となりました。

 改めまして、ただ今、入学を許可いたしました115名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教職員一同、また、在校生一同、皆さんの入学を心から祝福し、歓迎いたします。また、御臨席は叶いませんでしたが、保護者の皆様には、お子様の御入学、この場をお借りしまして、心よりお祝い申し上げます。

本校は、昭和五十四年四月、当時の妻沼町に開校いたしました。今年、創立四十二年目を迎えた、歴史と伝統を誇る高校として、社会の多方面で活躍する七千名を超える多くの人材を送り出してきました。平成二十年度に埼玉県初の学校設定教科「カルティベートタイム」を導入し、現在は、妻沼高校の代名詞ともなり、つまずき解消と基礎学力の定着に大きな成果を挙げています。

 新入生の皆さんは、妻沼高校の第四十二期生にあたります。『勤勉・努力』を校訓とする妻沼高校での三年間を通して、心身共にたくましく、そして、社会の変化に柔軟に対応できる、確かな学力・体力、豊かな感性を身に付けてほしいと願っております。

 ここで、本校入学にあたり、皆さんに二つのことを申し上げます。

 まず一つ目は、本校の校舎や体育館などにもありますが、「礼儀」「身だしなみ」「時間厳守」の「三つの当たり前」を大切にしてほしいということです。「礼儀正しくする」「身だしなみを整える」「時間を守る」などとても当たり前のことです。その当たり前が、身に付いているでしょうか。日頃の行いを振り返っていただきたい。これからの高校生活を送る上でも、そして、さらに人生を歩んでいく上でも最も基本であり、人間としての基盤となることの一つだと思います。その上で、皆さんにも、是非この妻沼高校を舞台にして、目標を高く掲げ、挑戦することにより、新たな自己を発見し、一層の飛躍を図って欲しいと願っております。

 二つ目は、「真の友人を作ってほしい」ということです。

皆さんは、縁あって三年間、この妻沼高校で学ぶこととなりました。授業や学校行事、部活動を行い、進路について考える過程において、壁にぶつかり、くじけそうになることも時にはあることでしょう。その時、最後まで諦めずに、自分の持てる力以上のものを発揮することができるのは、互いに高め合う「真の友人」がいるからです。これまでの皆さんの人生の中では、出会ったことのない意欲や力量を持った友人がたくさんいます。互いに刺激を受け合い、一人では乗り越えられない壁を友人と共に乗り越えていって欲しいのです。そして、皆さんを助ける保護者の皆様や先生方も居ます。信頼して前向きに取り組んでください。

それが、学業は勿論のこと、学校行事を始め、部活動や生徒会活動など様々な活動への積極的な参加に繋がることを期待します。そして、自らの心身を鍛えるとともに、かけがえのない友情を育てて欲しいと願っております。ぜひとも、高い目標に向かって、一緒に頑張れる「真の友人」を作り、有意義な高校生活を送ってください。

 結びに、三年後の卒業式の際、ここにいる全ての新入生と、保護者の皆様が「本当に妻沼高校に入学して良かった。」と思い、そして、「母校となる妻沼高校を誇りに思う生徒となる」ことを心から願い、式辞といたします。

        令和二年四月八日     埼玉県立妻沼高等学校長 赤沼 勝美

 

令和3年度 入学式

                                                                                     式   辞

 春うららかな今日の佳き日、令和三年度埼玉県立妻沼高等学校入学式が挙行できますことは、この上ない喜びでございます。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、保護者の皆様をはじめ、御来賓の皆様をお招きしない形での入学式となりましたこと、誠に申し訳ありません。

 改めまして、入学を許可いたしました94名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教職員並びに在校生一同、皆さんの入学を心から祝福し、歓迎いたします。また、御臨席は叶いませんでしたが、保護者の皆様には、お子様の御入学、この場をお借りしまして、心よりお祝い申し上げます。

本校は、昭和五十四年四月、当時の妻沼町に開校いたしました。今年、創立四十三年目を迎えた、歴史と伝統ある高校として、これまでに社会の多方面で活躍する七千五百名余りの人材を送り出してきました。平成二十年度に埼玉県初の学校設定教科「カルティベートタイム」を導入しましたが、現在は妻沼高校の代名詞ともなり、つまずき解消と基礎学力の定着に大きな成果を挙げています。

 新入生の皆さんは、妻沼高校の第四十三期生にあたります。『勤勉・努力』を校訓とする妻沼高校での三年間を通して、心身共にたくましく、そして、確かな学力・体力、豊かな感性を身に付けてほしいと願っております。

 ここで、入学にあたり、皆さんに二つのことを申し上げます。

 まず一つ目は、本校の指導の基本となる『礼儀』『身だしなみ』『時間厳守』の『三つの当たり前』を大切にしてほしいということです。「礼儀正しくする」「身だしなみを整える」「時間を守る」など当たり前のことです。その当たり前を身に付けるために日頃の行いを振り返っていただきたい。これからの高校生活を送る上でも、そして、更に人生を歩んでいく上でも最も基本的なことであり、人間としての基盤となることの一つです。その上で、皆さんには、是非この妻沼高校で学び、目標を高く掲げ、挑戦することにより、新たな自己を発見し、一層の飛躍を図って欲しいと願っております。

 二つ目は、『より良い人間関係』を作ってほしいということです。

皆さんは、三年間、この妻沼高校で学ぶこととなります。授業や学校行事、部活動などを行い、自らの進路について考える過程で、壁にぶつかり、目標を失いかけることも時にはあると思います。その時、最後まで諦めずに、自分の持てる力以上のものを発揮することができるのは、互いに高め、競い合う『仲間』の存在があればこそです。これまでの皆さんの人生の中では出会ったことのない発想や能力を持つ人がいます。互いに刺激し合い、一人では乗り越えられない壁を友人と共に乗り越えていただきたい。そのためにも円滑な人間関係を築くことが大切です。そして、皆さんを支援する保護者の皆様や先生方も居ます。信頼して前向きに取り組んでください。

本校の校訓である『勤勉・努力』のもと、授業をはじめ、学校行事、部活動や生徒会活動など様々な活動への積極的な参加を心掛けてください。そして、自らの心身を鍛えるとともに、かけがえのない仲間づくりに取り組むことを願っております。高い目標に向かって頑張る有意義な高校生活を送ることを期待します。

 結びに、三年後の卒業証書授与式の際、全ての新入生と保護者の皆様が「本当に妻沼高校に入学して良かった」と思い、『母校となる妻沼高校を誇りに思う生徒』となることを心から願い、式辞といたします。

       令和三年四月八日    埼玉県立妻沼高等学校長 赤沼 勝美

 

1学期始業式

改めまして、皆さん、おはようございます。そして、進級おめでとうございます。

 

いよいよ令和3年度が始まりました。この2週間ほどの休みをどのように過ごしましたか。

昨年度の反省や新年度に向けての抱負などを考えてみたでしょうか。

 

今日の午後には入学式が行われ、皆さんの後輩94名が入学します。

妻沼高校の先輩として、学校生活における勉強、部活動、委員会活動などで良い見本となっていただければと思います。 

昨年度の1学期の始業式では「新学期のこの時期はいろいろなことが変わる」と話をしました。

例えば「季節が変わる。」「学校では、学年や担任の先生が変わる。」など。

そして、「周囲の変化とともに新たな目標を掲げ、新しい自分を見つけてください」とも話をしました。

目標や夢を叶えるために積極的に行動しても思い通りの結果が得られない人もたくさんいると思います。

 

そのような時は、こう考えてはどうでしょうか。

「高い目標を達成できないことより、低い目標を達成して満足するほうが、結果として

「大きな成果は得られず、成長もない」」のではないかと。

やはり夢は大きな方が良いと思います。なぜなら夢を叶えるその過程で得られるものには大きいものがあるからです。

 

また、目標のないところには、努力も生まれません。

そして、夢を持つことは、明日や明後日のことだけでなく、もっと先の自分を想像し、

自分の生き方を考えることができるので大切なことなのです。

是非、「大きな夢」と「高い目標」を持ち、日々を過ごしてください。

 

もう一つは、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けて、「消毒」「マスクの着用」を引き続き、お願いします。

今後も安全・安心な学校生活が送れるよう、これまで通り協力してください。

 

最後になりますが、

まだまだ、全校で集まる機会もなく、学校行事等で「喜び」や「達成感」を味わう場面が設定できるか分からない年ですが、ここにいる全生徒が、同じ気持ちで、同じ方向に歩みを進めれば、コロナ禍においても必ず皆さんの母校となる

妻沼高校は、皆さんを成長させてくれます。 

 それでは、今年1年が皆さんにとって素晴らしい年になることを期待します。 

以上です。

 

 

 

 

 

1学期終業式

皆さん、おはようございます。校長の赤沼です。

 

この1学期、新型コロナウイルス感染症拡大予防に気を抜けない日々が続いています。

学校においても、授業や学校行事、部活動など制限される中、不安を抱え、日常生活や学校生活を過ごしてきました。

そのような中でも、皆さんには、「安全・安心な学校生活」を送れるよう協力してくれたことに感謝します。

 

このように皆さんは、まだまだ普段と異なる環境の中で生活をしています。

特に3年生は「進路選択」の時期に当たり、就職・進学活動が思い通りに進まない人もいると思います。

焦りもあると思いますが、このような気持ちでいるのは、進路について考えている3年生に共通したものです。

担任の先生をはじめ、学年、進路指導の先生方は、皆さんを全力でサポートしますので、安心して粘り強く取り組んでください。

 

ところで、4月の始業式では、こんな話をしました。

「高い目標を達成できないことより、低い目標を達成して満足するほうが、結果として成長がみられない。」と。

皆さんは、高い目標を設定し、少しでも目標に近づいたでしょうか。

「大きな夢」「高い目標」を持つ日々を過ごしたでしょうか。

それとも思い通りにいかないことのほうが多かった1学期でしたか。 

 

そこで、皆さんには、是非「思い通りにできない理由をさがす」のではなく、

「どうすればできるようになるのか」を考えてください。

「できない理由」や「言い訳」を考えても「進歩」はありません。

周りが変化し、自分自身は、その場に取り残されるだけです。

少しでも歩みを進めるために、「どうすればできるようになるのか」を先ず考えてください。

できない理由を考えても夢や目標の達成には至りません。

 

明日から夏休みとなります。時間は十分にあります。

髙い目標を持ち、どうすれば達成できるのかを考え、それを継続できれば、

必ず良い結果が出ることは間違いがありません。

 

それでは、9月1日の2学期の始業式に元気でお会いしましょう。

ここにいる283名、一人一人が、ほんのわずかでも成長するだけで、

皆さんの母校となる妻沼高校は、大きく変わります。

 

以上です。

 

2学期始業式

 皆さん、おはようございます。校長の赤沼です。

 今日から2学期が始まりました。一人一人が新たな目標を立て、自らの成長を願い、登校したと思います。

 緊急事態宣言の期間中ですが、新型コロナウイルス感染症への更なる警戒も続いています。「始業時刻の30分繰り下げ」「分散登校」など学校でも、また、家庭でも「3密を避ける」「検温と健康観察」、そして熱中症に気を付けながらの「マスクの着用」等の感染症予防は今後も継続してください。そして、安心して学校生活が送れるよう皆さんの協力をお願いします。

 

 ところで、3年生は、既に就職活動が始まっています。この夏休み期間中も進路室で担任の先生、学年の先生や進路指導の先生と準備をし、身だしなみを整えて、会社見学に出かける姿を見ることができました。そして、すぐに試験の時期が来ます。この後も、しっかり準備してください。また、進学を考えている人も同様です。自分の目で学校を見て、焦らず、慎重に志望する学校選びを進めてください。

 

 2年生は、学校行事や部活動で妻沼高校の中心となる学年です。部活動では、既に新チームでの活動も始まり、多くの部活で公式戦もこの夏休みの期間に行われました。また、文化祭の準備を進めた部活もあると思います。1年生と共に今後の活躍を期待します。

 

 1年生は、妻沼高校に慣れ、入学前に思い描いていた通りの学校生活を過ごしていますか。1年後、2年後の自分の姿を想像して、今後を過ごしてください。良いお手本となる上級生は沢山います。そして、部活動や学校行事などにも全力で取り組んでください。

 

 さて、1学期の終業式では、「できない理由をさがすのではなく、どうすればできるようになるか」を考えてくださいと話をしました。この夏休みの間に、本気で取り組んだことはありましたか。すぐに結果が出ることは稀なことですが、なかなか結果が出なくても努力し続けることが大切なのです。 

 

 7月の下旬から「東京オリンピック・パラリンピック」が行われています。皆さんもテレビ等で様子を見たと思います。メダルを取った人、予選で負けた人など結果は様々です。 

 しかし、共通しているのは「何か私たちを感動させるものがあった」のではないでしょうか。どうしてでしょうか。「スポーツも文化芸術でも人を感動させるのは、その人が努力をしているから」ではないでしょうか。その姿に私たちは、感動するのではないでしょうか。「努力をすることは、自らの運を支配すると同時に人々に感動を与えるもの」なのです。皆さんには、「努力」をしてその姿を見せ、「周囲に感動を与える人間」になって欲しいと思います。 

  

 コロナ禍で日常生活に不安はありますが、2学期は、文化祭、修学旅行などの学校行事が予定されています。また、落ち着いて勉強に取り組むことができる時期でもあります。高校生ですので、学ぶことは「当たり前」のことですが、その「当たり前」のことを自然とできるようになってください。

  今、ここにいる281名が、同じ気持ちで、同じ方向に向かって努力し、取り組めば、皆さんの母校となる妻沼高校は、大きく変わることは明らかです。

 

 以上です。

 

2学期終業式

皆さん、おはようございます。

 

 新型コロナウイルス感染者の減少が見受けられますが、家庭でも学校でも「マスクの着用」「換気」など、感染症拡大防止に努め、安全・安心な学校生活が送れるよう皆さんに協力していただいていることに大変感謝いたします。

 

 ところで、2学期を振りかえると、皆さんには何が残りましたか。

「修学旅行」は実施できませんでしたが、「轍祭」「パークレース」など時期の変更や実施方法を工夫することで実施し、少しずつ本来の学校の姿に戻りつつあります。

轍祭のアンケートを見ると「制限があって楽しみ切れなかった。」という意見もありましたが、「計画を立てて行動することの難しさや大切さがわかった。」「クラスで団結できた。」など前向きな意見もあり、轍祭の目的は達成できたのではないでしょうか。 

新型コロナウイルスへの注意は今後も必要ですが、制限された中でも各自が工夫した活動をしてくれることをこれからも願います。

 

そして、明日から冬休みになりますが、依然として新型コロナウイルスの心配は尽きません。

部活動等の活動に制限はありません。1月11日(火)には「3学期始業式」を予定通り行います。よろしくお願いいたします。

 

さて、2学期の始業式では、「スポーツも文化芸術も人を感動させるのは、その人が努力しているからです。」と話をしました。

そして、「周囲を感動させる人間になって欲しい。」とも話をしました。

それを実行することができたでしょうか。

 新型コロナウイルスの影響で、本来の持てる力を発揮する機会が少ない中ですが、どのような毎日を過ごしてきましたか。

 

 そこで皆さんに伺います。

「本当に最善を尽くした一年だった。」と言い切れますか。

多くの人が「甘え」や「諦め」などで力を発揮しないことがあったのではないでしょうか。

この一年をまとめるには、時間は十分にあります。これまでの反省とこれからの飛躍のために、この一年をもう一度振り返ってください。 

伸びる可能性が十分にある皆さんには、その可能性を無駄にして欲しくはありません。

何か一つ、「自分はこういうことができる、そのための努力は惜しまない」というものを見つけてください。

 

それでは、1月11日の3学期始業式に元気で、そして、新たな目標を持った皆さんに会えることを楽しみにしています。

皆さん一人一人が、前向きにほんのわずかでも成長するだけで、皆さんの母校となる妻沼高校は、大きく変わります。

 

以上です。

 

3学期始業式

皆さん、おはようございます。

年末・年始をどのように過ごしましたか。

2学期の終業式では、「最善を尽くした1年だったと言い切れますか」と話をしました。

そして、皆さんは、昨年の反省をし、新たな目標を立ててくれたと思います。

先ず、1・2年生は、「次の学年への準備としての3学期をどのように過ごすか」、

3年生は、「卒業に向けての心構え」などの具体的な活躍を期待します。

 

新型コロナウイルス感染症については、感染者数が増加しています。今後はこれまで以上に厳

しく制限された中での学校生活になることも予想されます。「安全・安心な学校生活」が送れ

るよう「マスクの着用」「手洗い」「密を避ける」など、皆さんには改めて協力をお願いしま

す。

 

ところで、新年を迎え、皆さんはどんな毎日を過ごしましたか。

私が幼い頃には、外で遊び、冷たい風が吹く中、「凧揚げ」をしました。最近は見かけなくな

りました。

凧が揚がるためには、風が必要で、凧が高く揚がるのは「風に向かっている時」です。

心地よい「追い風」では凧は揚がりません。自分にとって厳しい、嫌だと思われる向かい風

(逆風)の時に一番高く揚がるのです。

これから長い人生を歩んで行く皆さんには、いつも自分にとって都合の良いことばかり起こる

とは限りません。「気が向かない」「やったことがない」「苦手だ」など消極的なことを考え

ず、敢えて「逆風」に立ち向かう勇気と実行力を身に付けて欲しいです。

すると風に向かって高く揚がる凧のような人生を送ることができるのではないかと思います。

皆さんには、そのような生き方をしてください。

 

ここには275名の同じ時期に妻沼高校で共に学ぶ仲間がいます。一人でできないことは、仲

間と協力し、助け合いながら進めてください。

以上です。

 

卒業証書授与式

                   式   辞

 柔らかな春の日差しが感じられるこの佳き日、ただいま卒業証書を授与しました96名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。また、本日は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、式場には来賓の皆様の御臨席は叶いませんが、保護者の皆様の御臨席を賜り、かくも盛大に挙行できますことを深く感謝申し上げます。卒業生の皆さんは、コロナ禍において不安を抱え、毎日を過ごしてきたことと思います。そのような中でも皆さんは、立派に成長しました。その成長にお役に立てたとするなら、私たち教職員の喜びとするところです。 

 今回、第41回卒業証書授与式を迎え、卒業生は7千5百人を超え、皆さんは諸先輩方の仲間入りをすることになります。母校となる妻沼高校で学んだという誇りを持ち、それぞれの進路に自ら努力を継続し、本校で身に付けた力を積極的に発揮してください。

 しかし、皆さんが進む社会は、高等学校とは異なります。新しい知識や技能を身に付けるだけでなく、自ら考え、課題を解決できる力を付けなければ、これからの時代を生き抜くことはできません。自分は将来、どのような人生を目指すのか、そのための目的を持つことが重要になります。そして、その目的を達成するために何をしたらよいのかを自ら考えることがとても大切になってきます。

 そこで、心に留めておいていただきたいこと2つお話をします。

 1つ目は、「努力は運を支配する」ということです。どんな生き方を志すのか、たった一度の人生で何を実現したいのかを考え、人生を歩んで行く姿勢が、その後の人生を価値あるものにする鍵を握っていると思います。激しく変化し、どのように進むか予想することが難しい「世の中」においても、地道に努力を重ねることで、自らの人生をコントロールし、思い描いた人生を歩むことができる「幸運」までも得ることができます。「努力」することは「運」までも支配することができるということです。何もせず、待っているだけでは決して人生は開けません。また、何も変わりません。不運を他の人の所為にするのではなく「幸運」を自らの努力で引き寄せる心構えでいて欲しいです。

 2つ目は、「感謝の気持ちを持つ」ということです。今日のこの日も予定された日であって自然にやって来たと感じられるかもしれません。しかし、一人の人間が成長して大人になるということは実は大変なことなのです。皆さんと関わってきた人たち、実際に言葉を交わさなくとも見守っていただいた方、応援していただいた方、多くの方々にとっては、皆さんが成長し、今日を迎えたこと自体が大変嬉しいことであり、おめでたいことであることと理解して欲しいと思います。そして、ここまで成長した皆さんは、持てる力を精一杯発揮して生きることが、これまで支えていただいた方々への皆さんから「感謝の気持ち」を表すことになると思ってください。

 最後になりますが、これからも皆さんが妻沼高校の卒業生としての誇りを持ち、輝き続けることを心から願っています。「人を上から見下すこともなく、下から見上げることもない人間」になってください。威張らず、卑屈にもならない、常に人間としての誇りを持ち、他の人から尊敬される人間になってください。

ここにいる全ての生徒、保護者の皆様が「本校に来て良かった」と思えること、そして、これからも「母校となる妻沼高校を誇りに思うこと」を心から願います。

 結びに、関係各位の本校卒業生に対する温かい御指導に改めて感謝申し上げ、式辞といたします。

        令和四年三月十日     埼玉県立妻沼高等学校長 赤沼 勝美

 

修了式

皆さん、おはようございます。

 

この1年も新型コロナウイルス感染症に伴い、まん延防止等重点措置が発出されるなど、

学校や家庭で「健康観察」「消毒」「マスクの着用」など感染症拡大防止に努める年でした。

そのような中でも安全・安心な学校生活が送れるよう、皆さんには協力していただいていることに大変感謝いたします。 

 さて、令和3年度の1学期の始業式では、「高い目標を達成できないことより、低い目標を達成して満足する方が、結果として大きな成果は得られず、成長もしない」、そうならないように「大きな夢と高い目標を持ち、日々を過ごして欲しい」と話をしました。

どうでしたか。そのような1年を過ごすことができましたか。

それとも、何もできずに、また、何もやらないで終わった一年だったでしょうか。

ここでもう一度、振り返ってみてください。

 

そこで、「何かをしようとする人」と「何もしたくない人、何もやらない人」の違いは、どのようなところに表れるのでしょうか。

「何かをしようとする人」は、必死で達成するための「手段」を考えます。どうしたらできるようになるのかを手順をおって目標達成までの筋道を考えます。

「何もしたくない人、何もやらない人」は、まず、「言い訳」を見つけようとして、自分に都合の良い「できない」「やらない」理由を考えます。結果として、進歩や変化はありません。

 

「何に対しても前向きに取り組む人」と「一歩を踏み出すことができずにいる人」との差は、どのくらいになるでしょうか。数字で表すのは難しいことですが、その人の「言動」つまり、「口に出して言う言葉」や「実際に体を動かして行う行動」に差と違いがでてくると思います。

 

来年度は、勇気を出して一歩を踏み出すこととその先にある「大きな夢」「高い目標」に

少しでも近づく取組を、積み上げる心構えを持って毎日を過ごして欲しいです。

令和4年度は、皆さんが、そのような1年となることを期待します。

 

おわりに

4月には、新入生119名を迎え、令和4年度の新たな妻沼高校が始まります。

「母校となる妻沼高校」を皆さんの力で、大きく躍進させてください。期待しています。

それでは、4月8日に、元気な姿でお会いしましょう。

 

 

令和4年度 入学式

                    式   辞

 春の躍動を感じる今日の佳き日、令和四年度埼玉県立妻沼高等学校入学式が挙行できますことは、この上ない喜びでございます。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、御来賓の皆様の御臨席は叶いませんが、保護者の皆様の御臨席を賜り、かくも盛大に入学式を挙行できますことは、本校関係者一同、大きな喜びでございます。御臨席を賜りました保護者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 改めまして、入学を許可いたしました119名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教職員並びに在校生一同、皆さんの入学を心から祝福し、歓迎いたします。

本校は、昭和五十四年四月、当時の妻沼町に開校いたしました。今年、創立四十四年目を迎えた、歴史と伝統ある高校として、これまでに社会の多方面で活躍する七千五百名を超える人材を送り出してきました。また、平成二十年度に埼玉県初の学校設定教科「カルティベートタイム」を導入し、現在は妻沼高校の代名詞ともなり、「つまずき解消」と「基礎学力の定着」に大きな成果を挙げています。

 新入生の皆さんは、妻沼高校の第四十四期生にあたります。開校以来、『勤勉・努力』を校訓とする妻沼高校での三年間を通して、心身共にたくましく、そして、確かな学力・体力、豊かな人間性を身に付けてほしいと願っております。

 ここで、入学にあたり、皆さんに二つのことを申し上げます。

 まず一つ目は、本校の指導の基本となる『礼儀』『身だしなみ』『時間厳守』の『三つの当たり前』を常に心掛けてほしいということです。「礼儀正しくする」「身だしなみを整える」「時間を守る」など当たり前のことです。この当たり前のことは、これからの高校生活を送る上でも、そして、卒業後の人生を歩んでいく上でも最も基本的なことであると同時に、人間としての基盤となることの一つだと思います。そして、皆さんには、是非、この妻沼高校で学び、「高い目標」を掲げ、「大きな夢」に向けて挑戦することにより、新たな自己を発見し、更に飛躍することを願っております。

 二つ目は、『自分の志を立てる』ということです。

皆さんは、三年間、この妻沼高校で過ごすことになります。この間、将来自分は何を学ぶのか、どのような職業に就くのか、また、どのように生きていくのかを徹底的に考え、「進路」を決めることです。人には誰しも、社会で果たす使命、役割があります。皆さんは何にでもなれる可能性を持っていますが、まだ何者にもなっていません。この期待と不安の入り交じった状態から抜け出し、一歩ずつ、社会の中で自分の果たすべき使命と役割を見出すことが皆さんの課題です。解決のために本気で学校生活に取り組んでください。学校内外で与えられる様々な機会を活かしてください。真剣に考え抜くことができるかが、その後の人生を価値あるものにするか、分かれ道になると思います。そのために皆さんを支援する保護者の皆様や先生方もいます。信頼して前向きに取り組んでください。

本校の校訓である『勤勉・努力』のもと、授業をはじめ、学校行事、部活動や生徒会活動など様々な活動へ積極的に参加することを期待します。そして、自らの心身を鍛えるだけでなく、かけがえのない仲間づくりに取り組むことも願っております。「高い目標」と「大きな夢」に向かって頑張る高校生活を送ることを期待します。

 結びに、三年後の卒業証書授与式の際、全ての新入生と保護者の皆様が「本当に妻沼高校に入学して良かった」と思い、『母校となる妻沼高校を誇りに思う生徒』となることを心から願い、式辞といたします。

       令和四年四月八日    埼玉県立妻沼高等学校長 赤沼 勝美

 

1学期始業式

改めまして、皆さん、おはようございます。そして、進級おめでとうございます。

 

いよいよ令和4年度が始まりました。

この2週間ほどの休みをどのように過ごしましたか。

昨年度の反省や新年度に向けての抱負などについて考えるには、十分時間があったと思いま

す。 

今日の午後には入学式が行われ、皆さんの後輩119名が入学します。

妻沼高校の先輩として、学校生活における勉強、学校行事、部活動などで良い見本となって

ください。 

昨年度の1学期の始業式では、「高い目標を達成できないことより、低い目標を達成して満足

するほうが、結果として大きな成果は得られず、成長もない」、そうならないためにも「大き

な夢、高い目標を持ち、日々を過ごして欲しい」と話をしました。 

しかし、目標の達成や夢を叶えるために積極的に行動しても

思いどおりの結果が得られない人、また、壁に行く手を立ちふさがれた人もいると思います。

そして、皆さんは、これまでにいろいろなことを諦めてきたのではないでしょうか。 

思いどおりに事が運ばなかったり、失敗したから終わりではなく、

挑戦することを辞めたり、歩みを止めたら「本当に終わってしまう、進歩や成長が止まってし

まう」と思います。 

例え、上手くいかないことがたくさんあっても、諦めずに、信念を持って取り組んでくださ

い。仮に、誤った判断をしてしまった時には、真摯に誤りを認め、考えを修正してください。

「成果がでないからといって終わりにするのではなく、挑戦することを辞めたら、成長もなく

全てが終わってしまう」と考えてみてください。そのために常に挑戦し続けてください。

そのような1年を皆さんには、過ごしていただきたいと思います。 

 

もう一つは、新型コロナウイルス感染症は収まっておりません。

感染症拡大防止に向けて、「健康観察」「消毒」「マスクの着用」を引き続き、お願いしま

す。

今後も安全・安心な学校生活が送れるよう、これまでどおり協力をお願いします。

 

最後になりますが、

今日の着任式、始業式のように、まだまだ全校で集まる機会もなく、コロナ禍においては、

以前のように、学校行事等で「喜び」や「達成感」を味わう場面が設定できるか分からない

状況ですが、

ここにいる皆さんが、同じ気持ちで、同じ方向に歩みを進めれば、

必ず皆さんの母校となる妻沼高校は、皆さんを成長させてくれます。 

それでは、今年1年が皆さんにとって素晴らしい年になることを期待します。 

以上です。